2018.10.19更新

10月も中旬になり急に冷えてきました。

冷え性の人はつらい季節になってきますねsnow

 

本格的な冬の前に冷え対策おすすめです!

 

当院は全国冷え性研究所所属になっております。

冷え性のタイプにあった改善方法をご提案致します。

 

flower2冷え性は治らないと諦めている方は是非 一度 冷え症研究所の冷え対策をお試しくださいflower2

投稿者: 高橋整骨院

2017.09.11更新

鍼灸治療には冷え性、ストレス、生理不順を整える効果が期待できます。

具体的には「血行改善」「自律神経が整う」「ホルモンバランスの改善」「リラックス効果によるストレス解消」の4つが鍼灸治療には可能です。

冷え、ストレス、生理にはそれぞれ密接な関係にあり、この中の一つが整っていないと途端にバランスを崩してしまいます。

女性は男性に比べ血管が細く筋肉量も少ないので冷えやすい傾向にあります。

冷えると女性ホルモンを崩しやすくし、ホルモンバランスが崩れると生理不順に陥る可能性が高まります。

またストレスは月経のバロメーターとも言われるほどでストレスはホルモン分泌に大きな影響を及ぼします。

つまりこの4つの事柄を整えてくれる鍼灸治療は不妊において妊娠しやすい身体づくりに効果的だと言えます。

投稿者: 高橋整骨院

2017.09.11更新

鍼灸治療には冷え性、ストレス、生理不順を整える効果が期待できます。

具体的には「血行改善」「自律神経が整う」「ホルモンバランスの改善」「リラックス効果によるストレス解消」の4つが鍼灸治療には可能です。

冷え、ストレス、生理にはそれぞれ密接な関係にあり、この中の一つが整っていないと途端にバランスを崩してしまいます。

女性は男性に比べ血管が細く筋肉量も少ないので冷えやすい傾向にあります。

冷えると女性ホルモンを崩しやすくし、ホルモンバランスが崩れると生理不順に陥る可能性が高まります。

またストレスは月経のバロメーターとも言われるほどでストレスはホルモン分泌に大きな影響を及ぼします。

つまりこの4つの事柄を整えてくれる鍼灸治療は不妊において妊娠しやすい身体づくりに効果的だと言えます。

投稿者: 高橋整骨院

2017.09.11更新

鍼灸治療には冷え性、ストレス、生理不順を整える効果が期待できます。

具体的には「血行改善」「自律神経が整う」「ホルモンバランスの改善」「リラックス効果によるストレス解消」の4つが鍼灸治療には可能です。

冷え、ストレス、生理にはそれぞれ密接な関係にあり、この中の一つが整っていないと途端にバランスを崩してしまいます。

女性は男性に比べ血管が細く筋肉量も少ないので冷えやすい傾向にあります。

冷えると女性ホルモンを崩しやすくし、ホルモンバランスが崩れると生理不順に陥る可能性が高まります。

またストレスは月経のバロメーターとも言われるほどでストレスはホルモン分泌に大きな影響を及ぼします。

つまりこの4つの事柄を整えてくれる鍼灸治療は不妊において妊娠しやすい身体づくりに効果的だと言えます。

投稿者: 高橋整骨院

2016.02.16更新

不妊の原因のひとつに、血行不良があります
血液は、酸素や栄養、ホルモンなどを全身に運ぶ重要な役割があります。特に、骨盤内は生殖器が
ありますが、手足のように動かすことが少ないため冷えやすい部分です。そのため、骨盤内が血行不良
になってしまうと温めるのは大変です。

そこで、不妊でお悩みの方は、日頃から身に着ける下着選びも大切になります。
女性の場合、補正下着やガードルは血行不良を起こしやすくなります。特に骨盤まわりは、ゆったりとした
下着をつけることをお勧めします。
また、男性の場合、睾丸を体に押さえつけられるような体にフィットする下着は、睾丸があたためられて
しまう為、精子に影響を与えてしまいます。この下着による精子への影響は、アルコールやタバコよりも
大きいことがわかってきています。
男女共に、ゆったりとした下着やお臍周りを温める下着に変えることは、血行不良や冷えを日常的に
予防するひとつとなります。

肌着は直接肌に触れます。天然素材の絹や綿がお勧めです。

投稿者: 高橋整骨院

2015.05.25更新

男性は日頃摂取した食べ物や栄養素から精子が作られる為、60歳、70歳になっても精子を作ることができます。

一方女性は生れる時にもうすでに一生分の卵子を持って生まれるので、年齢を重ねるとどんどん卵子の数は減る一方になります。

しかも、喫煙や食習慣、既往歴などによっても質や量は変わるといいます。

特に冷えは卵子に与えるダメージは大きいです。

最近、真冬でも靴下を履かない女性を目にすることが多いような気がします。

足首が冷えると冷たい血液が直接子宮に流れることになるので、不妊症や子宮、卵巣にかかわる病気にかかりやすくなります。

まさに「冷えは女性の大敵」と言えます。

これから暑い夏がやってきますが、クーラーなどで足首を冷やさないように気を付けましょう~♪

 

投稿者: 高橋整骨院

2015.05.19更新

むくみの原因には色々あります。

長時間同じ姿勢で過ごしたり、食生活・生活習慣による自律神経の乱れなど・・・

足がむくむと冷え性の原因になります。

足が冷える事で血液・リンパ液は腹部を通る時に腹を冷やしてしまい子宮や卵巣に影響を与えてしまいます。

適度な運動・ストレッチやマッサージで血行を良くする事、塩分や糖分を控え日々の生活を見直し鍼灸やマッサージなど身体の環境を整え妊娠しやすい身体を一緒に作っていきましょう。

投稿者: 高橋整骨院

2015.04.28更新

質の良い精子を作る為には32℃~35℃位が最適とされています。

人間の体温は36℃~37℃に保たれる仕組みとなっているの睾丸は体から離れて存在し適温を保つ身体の作りになっています。

 

・造精機能障害・・・精子の形成や成熟ができない。

・精路通過障害・・・精子の輸送経路が障害されている。

・副性器障害・・・精嚢前立腺の炎症により精子が影響を受ける。

・性機能障害・・・性交渉または射精ができない。

 

ストレスや生活習慣により身体の働きがうまく保たれずに起こってしまいます。

生活習慣を見直し健康的な生活を送りましょう。

投稿者: 高橋整骨院

2015.04.28更新

質の良い精子を作る為には32℃~35℃位が最適とされています。

人間の体温は36℃~37℃に保たれる仕組みとなっているの睾丸は体から離れて存在し適温を保つ身体の作りになっています。

 

・造精機能障害・・・精子の形成や成熟ができない。

・精路通過障害・・・精子の輸送経路が障害されている。

・副性器障害・・・精嚢前立腺の炎症により精子が影響を受ける。

・性機能障害・・・性交渉または射精ができない。

 

ストレスや生活習慣により身体の働きがうまく保たれずに起こってしまいます。

生活習慣を見直し健康的な生活を送りましょう。

投稿者: 高橋整骨院

2015.04.28更新

質の良い精子を作る為には32℃~35℃位が最適とされています。

人間の体温は36℃~37℃に保たれる仕組みとなっているの睾丸は体から離れて存在し適温を保つ身体の作りになっています。

 

・造精機能障害・・・精子の形成や成熟ができない。

・精路通過障害・・・精子の輸送経路が障害されている。

・副性器障害・・・精嚢前立腺の炎症により精子が影響を受ける。

・性機能障害・・・性交渉または射精ができない。

 

ストレスや生活習慣により身体の働きがうまく保たれずに起こってしまいます。

生活習慣を見直し健康的な生活を送りましょう。

投稿者: 高橋整骨院

前へ
PageTop