2020.04.17更新

子宮内膜とは赤ちゃんが宿る(受精卵)が着床する組織であり、毎月月経の際に剃がれて出血とともに膣から出てくる子宮の内側にある組織です。

この組織が本来あるべき場所以外の異なる場所に出来るのが子宮内膜症。

 

●子宮内膜症の病態(炎症)と(癒着)

子宮内膜症の原因、分からないことが多いのですが内膜症により引き起こされる病態は主に(炎症)と(癒着)がキーワードです。

内膜症の病態は、細菌の感染を起こしているわけでもなく(炎症)という組織の変化がもたされているのとは厳密には異なりますが、あたかも慢性炎症のごとく病変の進行と沈静化が繰り返されています。

(炎症)の起こった組織はやがて(癒着)を形成します。

(炎症)(癒着)ともに、疼痛の原因となります。

子宮や卵巣の周囲で一番痛みに対して敏感な組織は腹膜です。

内膜症の炎症的変化によっても、形成された癒着によっても、腹膜は痛みを感じます。

 

子宮内膜症の主な症状は月経痛

●月経痛が酷い、または年々酷くなる

●月経量が多い

●排便時や性交時に引きつるような痛みがある

まれなケースでは腸に内膜症があって月経のたびに血便が出たり、肺に内膜症があって月経のたびに肺に穴が開いて胸が苦しくなるという人もいます。

内膜症が見つかるきっかけとして最も多い症状は月経痛です。

生理痛は多くの女性の悩みであり、当たり前のものとなっている人も多いのでこの痛みだけでは全くといっていいほど気がつきません。

ただし、この痛みも月経が発生するたびに重くなっていくので、その変化の仕方で気がつく人もいるようです。

ある程度悪化すると、吐き気や嘔吐や下痢や排便痛などの症状が出るようになって、腰痛になってしまたっり不正出血や過多月経になってしまうこともあるようです。

月経のタイミング以外でも下腹部に痛みが発生することもありますので、その症状から気がつくということもあるそうです。

 

●子宮内膜症の原因

このように女性特有のやっかいなものを色々ともたらす子宮内膜症ですが、明確な原因はわかっていないようです。

仮説はありますが、はっきりとしたことは不透明となっています。

その仮説とは、子宮内膜移植説と体腔上皮化生説です。

前者は、生理の時に発生する血液が膣を通って体外に行くものなのに卵菅の方に逆流してしまって腹腔に達してしまったり、血管やリンパ菅を通ってほかの部位に移動してしまうという内容です。

後者は、子宮や卵菅などの臓器を包んでいる腹膜や卵巣を包んでいる皮膜などの上皮細胞が子宮内膜細胞に変化してしまうという内容です。

どちらも、まだ仮説の段階なのではっきりしたことはわかっておりません。

また、晩婚、出産回数の減少が原因とも言われています。

非常に気がつきにくい厄介な病気ではありますが、月経のタイミング以外での下腹部の痛みといった症状も出るので生理痛以外のおかしな症状を見つけた方は一度病院で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

投稿者: 高橋整骨院

2020.04.14更新

○高温期が10日以上続く

○高温期と低温期の体温差が0.3度以上である

○高温期の途中で体温が落ちない

○低温期から高温期に3日以内で移行する

 

基礎体温が低温期と高温期の二相に分かれていると、より妊娠しやすい時期(排卵期)を把握しやすくなります。

ただし、基礎体温はちょっとした体調の変化などにも影響を受けるため、多少差があっても心配しすぎないで下さいね。

三周期くらいは基礎体温を記録してみて、自分の基礎体温や整理周期を把握するようにしましょう。

 

●基礎体温のタイプ別に不調をチェック

 

●低温期が長く高温期が短い

排卵期に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)には、子宮を妊娠しやすい環境に整える役割があります。

プロゲステロンには体温を上昇させる作用があるため、排卵後に基礎体温が上がって高温期が訪れます。

 

高温期が10日以上続かないということは、黄体機能が低下していて、プロゲステロンの分泌量が早く減少してしまっている可能性があります。

そのため、月経による出血のタイミングが早くなることもあります。

 

●高温期が不安定

高温期を保ちきれず、体温が上がったり下がったりと不安定な波形を描く場合も、黄体機能不全によりプロゲステロンが正常に分泌されていない可能性があります。

また、排卵以前に卵胞の発達が遅れていることもあります。

 

黄体機能不全があると子宮内膜が十分に厚くならず、せっかく受精しても着床が起こらずなかなか妊娠できない原因にもなりうるので注意が必要です。

 

●二相に分かれているが、全体的にガタガタである

基礎体温がガタガタでも、高温期と低温期の二相に分かれていれば排卵は起こっているとかんがえられます。

しかし、妊娠を考えている人にとっては排卵日が予測しずらいのは、困りますよね。

 

基礎体温が安定せず、グラフがガタガタになる場合ストレスで自律神経が乱れている可能性があります。

環境の変化による一時的なものであれば問題ありませんが、普段から疲れを溜めすぎないように気をつけましょう。

 

●一相しかない(高温期であるはずなのに体温が低い)

本来であれば高温期であるはずの時期に0.3度以上の体温上昇が起こらない場合、排卵が黄体へと変化しておらずプロゲステロンが十分に分泌されていないことが考えられます。

人によっては、高温期と低温期の差がほとんどなく一相だけのグラフになってしまうこともあります。

この場合、子宮内膜に対するプロゲステロンの作用が少なく受精卵が着床するために必要な子宮内膜を保つことができません。

また、生理が起きても排卵が起こっていない無排卵月経の状態の可能性もあります。

生理不順になりやすく、不妊につながるおそれがあります。

早めに婦人科を受診しましょう。

 

 

投稿者: 高橋整骨院

2020.04.13更新

急性乳腺炎とは、産褥期に発生する乳腺から分泌された乳汁が乳房内でうっ滞(流れが悪くなってしまう事)することで炎症を起こし、乳房が腫れて痛みを伴う状態です。

一般に、産後2~4日経過すると乳汁分泌が増加します。

このとき、乳管開口部(乳頭の内側にあり、乳汁が出てくる出口の部分)が詰まってしまうと、乳汁排泄不全を起こして乳房の内側からの圧が上がります。

この状況を放置すると、細菌感染により乳腺が炎症を起こしてしまうことがあります。

乳腺炎の発症頻度は、授乳女性の1~2%程度と言われています。

 

原因

 

急性乳腺炎は炎症の程度によって、うっ滞性乳腺炎・化膿生乳腺炎・乳腺膿瘍の大きく3種類に大別できます。

 

●うっ滞性乳腺炎

乳汁排泄不全による乳汁のうっ滞が原因であり、産褥3~4日目以降に発症することが多いです。

非感染性で、ほとんどの場合は片方の乳房のみ生じます。

 

●可能性乳腺炎

乳汁のうっ滞をベースとして、二次的に細菌感染を起こした状態です。

産褥2~6週頃に起こりやすいです。

 

●乳腺膿瘍

可能性乳腺炎がさらに進行して、乳頭に亀裂があったり、赤ちゃんの咥えかたが乳頭の形状にうまくフィットしていないことがあります。

 

その他、授乳に問題がある場合、例えば赤ちゃんの抱き方が適切でない、定期的な授乳が出来ていない、必要以上に長時間授乳をしている、赤ちゃんの飲み残しをそのままにしていることなどが考えられます。

 

また、環境に問題がある場合は高脂肪の食事により乳頭が詰まりやすくなっている、衣服や下着の圧迫で乳房の血液循環が悪化している、十分な休息が取れていないことが考えられます。

 

症状

急性乳腺炎の症状は、うっ滞性乳腺炎、化膿性乳腺炎、乳腺膿瘍でそれぞれ異なってきます。

 

●うっ滞性乳腺炎

痛みを伴う乳房の腫れがあり、乳汁がうっ滞している部分を触ると硬いしこりに触れます。

この状態ではまだ乳汁のうっ滞のみで強い炎症は無く、発赤や発熱がないことが一般的です。

 

●化膿性乳腺炎

細菌感染の合併・進行により乳房に痛みと腫れに加えて発赤と熱感を伴うようになるほか、悪寒や震え、高熱やだるさなど全身に症状がみられるようになります。

このとき、症状のある乳房側の腋下のリンパ節が腫れて痛みを生じる場合もあります。

 

●乳腺膿瘍

乳房内で菌感染した部位に膿瘍が形成されることから、これまで述べた症状に加えて、非常に強い乳房の痛み、腫れ、色素変化(暗赤色)が認められる。

 

急性乳腺炎は、身体診察でほとんど診断可能です。

乳房を観察して腫れや赤みを観察する診察、実際に乳房に触って痛みのある部分の腫れの程度や膿瘍の存在を確認する診断のほか、左右両方の腋で体温を測定します。

診察や触診をして化膿性乳腺炎や乳腺膿瘍の可能性があると判断した場合は、血液検査により細菌感染や炎症の程度をチェックすることがあります。

さらに、乳腺膿瘍を確認するために乳房の超音波検査を実施することもあります。

 

 

 

 

 

投稿者: 高橋整骨院

2020.04.10更新

男性不妊の原因

精巣で造られた精子は、精巣上体、精菅を経て精嚢で前立腺由来の分泌液とともに精液を構成し、性的絶頂期に射精される。

これらの機能のうち1つでも障害されると男性不妊の原因になる。

男性不妊のなかでも造精機能障害が最も多く、全体の70~80%を占めている。

①造精機能障害

精子の形成や成熟ができない。

主な原因…突発性、精索静脈瘤、停留精巣、精巣炎

②精路通過障害

精子の運送経路が障害されている。

主な原因…先天的な発育不全、精菅炎、精巣上体炎

③副性器障害

精嚢、前立腺の炎症により、精子が影響を受ける。

主な原因…精嚢炎、前立腺炎

④性機能障害

主な原因…性交または射精ができない。

性交障害、射精障害。

 

造精機能障害のなかで最も多いのは、突発性(原因不明

)の乏精子症であるといわれている。

そのため男性不妊が疑われた場合、精子の性状を調べるために精液分析法が行われる。

●精液分析法

精子の性状や性液の量、濃度をチェックします。

・乏精子症

 精子濃度が2000万/ml未満

・精子無力症

 前進する精子が50%未満、もしくは高速に前進する精子が25%未満

・奇形精子症

 正常な形態の精子が15%未満

・無精子症

 精子中に精子が存在しない。

 

 

投稿者: 高橋整骨院

2020.03.31更新

こんにちは。スタッフの曽根です。

最近は、コロナウイルスのニュースばかりで不安な日々を過ごしている方が多いと思います。

体調管理・手洗い・うがいをこんなに意識した事あるかな?って、みなさんもそうだと思うのですが・・・

まだまだ先が見えなくて気持ちが滅入りますね・・・

何か、美味しいものを食べて気持ちを切り替えて頑張りたいと思います。

 

今日は女性ホルモンの働きについてお話していきます。

女性ホルモンの役割、子供を産むための機能の他、肌・髪・爪・メンタル・・・女性の体のすべてにかかわります。

妊娠・出産はもちろんですが、肌や髪の毛、爪などのハリや潤いを保つのも女性ホルモンの働きです。

その他にも、骨の密度を保ったりコレステロールを調整して動脈硬化を防いだりします。

記憶力や精神の安定など、女性ホルモンの働きによるところが大きいそうです。

女性ホルモンは、一生でティスプーン一杯分と言われていて年齢を重ね閉経になる頃には限りなく少なくなってしまうので似た働きをする食品、大豆に含まれるイソフラボンを摂ることを推奨しています。

厚生労働省ではイソフラボンの一日の摂取量の上限は30mgと目安の数値がだされています。

女性ホルモンは2種類エストロゲン・プロゲステロンになりそれぞれの働きをしていくのですが、サプリメントなどの健康食品は基本的にエストロゲンに似た働きをするものでプロゲステロンの作用は期待できず、エストロゲンだけが一方的に働くことで子宮がんや乳がんなどのリスクが高まることもあるそうです。

過剰に取りすぎても良くない結果になることがあるのでそういうことを理解したうえで上手に利用していきたいですね。

 

 

投稿者: 高橋整骨院

2018.10.19更新

10月も中旬になり急に冷えてきました。

冷え性の人はつらい季節になってきますねsnow

 

本格的な冬の前に冷え対策おすすめです!

 

当院は全国冷え性研究所所属になっております。

冷え性のタイプにあった改善方法をご提案致します。

 

flower2冷え性は治らないと諦めている方は是非 一度 冷え症研究所の冷え対策をお試しくださいflower2

投稿者: 高橋整骨院

2017.09.11更新

鍼灸治療には冷え性、ストレス、生理不順を整える効果が期待できます。

具体的には「血行改善」「自律神経が整う」「ホルモンバランスの改善」「リラックス効果によるストレス解消」の4つが鍼灸治療には可能です。

冷え、ストレス、生理にはそれぞれ密接な関係にあり、この中の一つが整っていないと途端にバランスを崩してしまいます。

女性は男性に比べ血管が細く筋肉量も少ないので冷えやすい傾向にあります。

冷えると女性ホルモンを崩しやすくし、ホルモンバランスが崩れると生理不順に陥る可能性が高まります。

またストレスは月経のバロメーターとも言われるほどでストレスはホルモン分泌に大きな影響を及ぼします。

つまりこの4つの事柄を整えてくれる鍼灸治療は不妊において妊娠しやすい身体づくりに効果的だと言えます。

投稿者: 高橋整骨院

2017.09.11更新

鍼灸治療には冷え性、ストレス、生理不順を整える効果が期待できます。

具体的には「血行改善」「自律神経が整う」「ホルモンバランスの改善」「リラックス効果によるストレス解消」の4つが鍼灸治療には可能です。

冷え、ストレス、生理にはそれぞれ密接な関係にあり、この中の一つが整っていないと途端にバランスを崩してしまいます。

女性は男性に比べ血管が細く筋肉量も少ないので冷えやすい傾向にあります。

冷えると女性ホルモンを崩しやすくし、ホルモンバランスが崩れると生理不順に陥る可能性が高まります。

またストレスは月経のバロメーターとも言われるほどでストレスはホルモン分泌に大きな影響を及ぼします。

つまりこの4つの事柄を整えてくれる鍼灸治療は不妊において妊娠しやすい身体づくりに効果的だと言えます。

投稿者: 高橋整骨院

2017.09.11更新

鍼灸治療には冷え性、ストレス、生理不順を整える効果が期待できます。

具体的には「血行改善」「自律神経が整う」「ホルモンバランスの改善」「リラックス効果によるストレス解消」の4つが鍼灸治療には可能です。

冷え、ストレス、生理にはそれぞれ密接な関係にあり、この中の一つが整っていないと途端にバランスを崩してしまいます。

女性は男性に比べ血管が細く筋肉量も少ないので冷えやすい傾向にあります。

冷えると女性ホルモンを崩しやすくし、ホルモンバランスが崩れると生理不順に陥る可能性が高まります。

またストレスは月経のバロメーターとも言われるほどでストレスはホルモン分泌に大きな影響を及ぼします。

つまりこの4つの事柄を整えてくれる鍼灸治療は不妊において妊娠しやすい身体づくりに効果的だと言えます。

投稿者: 高橋整骨院

2016.02.16更新

不妊の原因のひとつに、血行不良があります
血液は、酸素や栄養、ホルモンなどを全身に運ぶ重要な役割があります。特に、骨盤内は生殖器が
ありますが、手足のように動かすことが少ないため冷えやすい部分です。そのため、骨盤内が血行不良
になってしまうと温めるのは大変です。

そこで、不妊でお悩みの方は、日頃から身に着ける下着選びも大切になります。
女性の場合、補正下着やガードルは血行不良を起こしやすくなります。特に骨盤まわりは、ゆったりとした
下着をつけることをお勧めします。
また、男性の場合、睾丸を体に押さえつけられるような体にフィットする下着は、睾丸があたためられて
しまう為、精子に影響を与えてしまいます。この下着による精子への影響は、アルコールやタバコよりも
大きいことがわかってきています。
男女共に、ゆったりとした下着やお臍周りを温める下着に変えることは、血行不良や冷えを日常的に
予防するひとつとなります。

肌着は直接肌に触れます。天然素材の絹や綿がお勧めです。

投稿者: 高橋整骨院

前へ 前へ
PageTop